葉酸サプリのこと

おすすめできる葉酸サプリの見分け方|ゲンナイ製薬

ゲンナイ製薬 倉田晋作

この記事を監修した

ゲンナイ製薬株式会社 品質管理部

倉田晋作(くらた しんさく)

2009年ゲンナイ製薬株式会社に入社。オペレーターとして多くのお客さまのお声をいただき知見を深める。2012年に現在販売中の「時期別葉酸サプリプレミン」の前身にあたるプレミンパパ・プレミンママの開発に携わる。2015年サプリメント部門の品質保証責任者に就任。以降、プレミンシリーズの処方、開発に携わる。サプリメントに関するセミナーにも登壇。

妊活から妊娠、という大事な時期に余計なものを口にしたくないとお考えの方は多いと思います。今回は葉酸サプリの安全と安心にフィーチャーし、安全性の見極め方をご紹介します。

おすすめできる良いサプリの条件とは

GMP認定工場

GMP認定工場の例

お客さまを始め友人からもおすすめのサプリメントは?とよく聞かれます。
長い間この仕事に携わりお医者さまや薬剤師の方や調合、配合を担当する技術者の方、実際にご飲用されていたお客さまのお声など多くの方からお話を聞いてまいりました。

その中で葉酸サプリメントについてこういった点を見るべきなのでは。という私のおすすめをご紹介させていただきます。

とはいえ、ゲンナイ製薬でも葉酸サプリメントを販売しておりますので、ルールとして弊社製品の宣伝はせず、どの製品が良い、悪いということではなく「葉酸サプリをご購入いただく際に見ておいた方が良い点」などをお伝えさせていただきます。

製品をお探しの方、すでにご飲用中の方の参考になれば幸いでございます。

その1:なぜその成分が配合されているか確認しましょう。

製品をお探しの際に葉酸400μg配合!などよくございます。
なぜ400μgかというと厚生労働省が発表しております「日本人の食事摂取基準」にて妊活期、妊娠初期に摂取するように推奨する。
と書かれているからです。

上記のように配合されている栄養と量については理由がしっかりとあります。

葉酸以外にも一般的にこの栄養はこういった理由があるのでこれだけ配合している、と紹介されますが時に理由が不鮮明なことも
あるのが、この業界に携わるものとして寂しいですが現実です。

なぜチェックする必要があるのか

製造を依頼している工場などには製品化に向けて配合量や処方を提案する技術者や薬剤師の方がいらっしゃいます。
皆さんは依頼した会社の要望に答えてそれに沿ったものを製造するのですが、希望の栄養ばかりをいれても固まらなかったりうまく混ざらなかったりするのである程度製品化しやすいもので提案をいただきます。

しかしそれは妊活や授乳時のことをしっかりと把握してる方のご提案ではないので製造の処方を決める前にしっかりと折衝することが大切です。

一般的な製薬会社であれば問題ないかと思いますが、「サプリメント業界」は医薬品や部外品、化粧品と違い行政のハードルが低い、というところに課題があります。
参入する企業の中には「なんとなく儲かるらしい」「とりあえずやってみたい」という安易な考えをお持ちのところもございますので工場任せにしてしまい品質にこだわりがない、とにかく安く作りたいという観点から作り出された製品もあるようです。

その2:原産、最終加工国を確認しましょう。

サプリメントに配合しております栄養成分にも原産地がございます。
お野菜と同じように産地によって品質の違いなどございますが、今回は原産と最終加工国確認必要性についてご紹介いたします。

葉酸サプリメントは妊娠を希望する方、妊娠中の方にご飲用いただくサプリメントです。
ご自身以外のために飲むサプリメントなのでどこの産地か、安全なものなのかしっかりとお調べいただくことをおすすめしております。

原産国を公開していないサプリメントもありますが、隠す必要性がなければお客さまに安心していただくためにも公開すべき情報です。
そして最終加工国、原産地はその原料を生産した場所、最終加工国は最後に精製した場所を指します。

なぜ、確認が必要かというと例えば海外で作られた原料を国内で精製した場合、最終加工国が日本になりますので国産と表記することがございます。

法律的には問題ないのですが明確に原産地と最終加工国が表記されていた方が安心していただけるかと存じます。
葉酸サプリメントの働きとは直接関係がない、ということで公開されていないものもございますが、私は1ユーザーとして考えた時にすべての情報が公開されている方が安心できると考えています。

その3:葉酸サプリの注文コースの内容をしっかりと確認しましょう。

葉酸サプリメントは一般的に1回だけ飲用するものではなく、継続してご飲用していただく必要がございますので
各社さま色々なご注文コースをご用意しております。

なかでも一番多いのが「定期コース」ではないでしょうか。
一度注文すると自動的に送ってくれますし単品での購入よりも価格を抑えてることが多いので非常に便利ですよね。

ここで確認していただきたいのが「返品と解約」です。

確認しておきたい、返品について

製品は安全なものを使って製造されておりますが、実際にご飲用いただくと思ってたより匂いが強く感じたり
毎日飲むのが大変だったり、いろいろとございます。

身体に合わないのに返品できずお金を払うのはとてももったいないですよね。
なので返品時のルールを確認しておくのはとても大切です。

ご購入後、1週間以内は返品が可能などございますがご飲用を続けることで身体でわかることもあるので返品可能な期間は極力長い方が良いですね。

2−3日飲んだだけではわからないことも多いので、「サンプルがついているから」という理由で返品ができない製品などは私はあまりおすすめいたしません。

確認しておきたい、解約について

葉酸サプリはご自身の段階が妊活から妊娠など変化していく中で、製品を変えたりやめたりすることがございます。
その際に「解約ができない」といったことがございます。

私たちの業界では「定期縛り」と称することがあるのですが、定期〇〇回までは解約することができない、といった制度になります。

この場合、妊娠中の葉酸サプリがほしくても妊活期の葉酸サプリを解約することができない、といったものになります。
このシステムは私も企業目線で考えると気持ちはわかるのですが、それ以外のなにものではなくお客さま目線のことを一切考えられておりません。

お客さまのことを考えられていない葉酸サプリのシステムを私はおすすめできません。

その4:個人情報の管理について

インターネットで製品を購入する際に「個人情報に同意する」というチェック項目を皆さまも見たことがあると思います。
販売を行う会社さま全てが個人情報を取り扱っておりますが、会社によって管理方法は様々です。

厳しく管理している会社もあれば残念ながら管理のゆるい会社もあるのが実態です。
しっかりと管理されているかの指標の1つが、第三者機関の認証です。

プライバシー推進協議会のPマーク

定期的に調査員の方が現地に赴き管理体制、組織図、実際の保管状況など立ち入り調査が入り
全ての項目に対して基準を超えていないと付与されないマークです。

個人情報管理のために適切な予算を使って保管環境を作らないとこれを維持することは難しいので
1つの判断基準としては十分かと考えられます。

日本通信販売協会のJADOMAマーク

JADOMAとは日本通信販売協会の認定マークになりまして取得するには個人情報保護の管理のみならす広告に違反がないか、お支払い方法、お客さまからのお問い合わせ環境など全てにおいてチェックが入り基準を超えている企業のみが付与されるマークです。

通信販売を行う大企企業などはほとんど登録されておりますが、本来は別の商材を扱っている会社だったり広告の会社が製品を作って通販をしている場合ですと、認定をもらうのはなかなか大変な認定マークです。

こちらも個人情報管理、信頼できる企業かどうかの判断基準として確認されると良いでしょう。

まとめ

これら4つの項目をしっかりと確認することが大切です。
しっかりと作られている製品か、しっかりとした企業なのか、注文後の体制、フォローはしっかりとしてくれるのか。

通信販売で購入する機会が増えてきた昨今では、良くも悪くも通信販売業者も増えてきています。
しかし全ての会社や製品が適切に管理しているかどうかはお客さま自身がしっかりと見極めなければいけません。

これを確認しさらにご自身に合っている製品を見つけてご自身のサポートに活用してください。