Comment

Commentプレミン®シリーズが一般的な葉酸サプリと異なるところ。それは「時期別」。プレミン®シリーズが一般的な葉酸サプリと異なるところ。それは「時期別」。

各専門の5名の医師が
「プレミン」を推奨しています。

血液内科・腫瘍内科

明星智洋

血液内科・腫瘍内科

明星智洋

江戸川病院/腫瘍血液内科部長/血液専門医

プレミンシリーズのサプリメントは、普段の生活で不足しがちなビタミン、ミネラルを効率よく摂取できる点で優れていると思います。またホームページには、その成分の原産国と最終加工国もそれぞれ開示されています。ここまできちんと細かく開示されているサプリメントは珍しいと思いますし、裏を返せば、それだけ良いものを良いところから仕入れているという証だと思います。原産国の多くは、先進国というのも特徴です。その他、アレルギー表示や安全性試験の結果もきちんと開示されており、周産期の方でも安心して服用できる点がお勧めです。

一般内科・小児科・アレルギー科

武井智昭

一般内科・小児科・アレルギー科

武井智昭

高座渋谷つばさクリニック/院長/小児科専門医、プライマリケア認定医

妊娠をすると、ママ自身の他、赤ちゃんの健やかな発育が気になります。厚生労働省からは葉酸や鉄分・カルシウム・亜鉛などの積極的な摂取をすすめられております。これらの栄養素は妊娠中も、そして妊活中にも重要であります。女性だけではなく、妊活に関係する男性にも重要な栄養素であります。厚生労働省が妊活時に推奨している葉酸以外にも、妊活に重要な栄養素もしっかり取れることから、女性・男性ともにこのサプリメントをおすすめします。

婦人科

今井 愛

婦人科

今井 愛

麻布十番まなみウィメンズクリニック/院長/産婦人科専門医・医学博士

健やかな赤ちゃんを迎えるためにはお母さんの健康が必須です。それは妊娠中だけではなく、妊娠前からの準備が大事になります。日々の食事に気をつけることも大切ですが、食事だけではなかなか補うことが難しい栄養素、 ビタミンも、このプレミンでしたら妊活中、妊娠中、授乳期などの時期によって必要なものを必要な分だけ摂ることが可能です。世の中には様々なサプリメントが出回っていますが、原産国や添加物などはサプリメントによって異なります。その点、プレミンは品質を最優先しています。妊娠を考え始めたらプレミン(妊娠初期まで)、妊娠中期以降はプレミン14週、授乳中はプレミンママ、元気な赤ちゃんのためにも品質にこだわったサプリメントの摂取をお勧めします。

産婦人科

巷岡彩子

産婦人科

巷岡彩子

木場公園クリニック/産婦人科専門医・生殖医療専門医・女性医学学会専門医・医学博士

葉酸は赤ちゃんのために必要な栄養素です。特に妊娠初期の葉酸摂取が極めて重要なことが証明されており、厚生労働省も推奨しています。プレミンはこの妊活中、妊娠初期に必要な葉酸を推奨量の400μg含み、その他14種類のビタミンやミネラルを含有しています。ビタミンやミネラルは総合的なバランスが重要ですので、つわり等で偏食になりやすい妊婦さんにもお勧めしたい製品です。また鉄が不足しやすい妊娠中期以降で、製品にヘム鉄の含有量が増えている点や、錠剤が薄く無臭であり内服しやすい点、美容成分を含まない点などからもお勧めです。

産婦人科

佐藤杏月

産婦人科

佐藤杏月

八丁堀さとうクリニック/副院長/産婦人科専門医

葉酸とは水溶性ビタミンB群の一つで、ビタミンB12とともに妊娠中に重要なビタミンです。葉酸は特に妊娠初期に重要な栄養素であることが知られています。しかし野菜からとる葉酸は熱に弱く、調理すると減ってしまうため食事から十分な量を取るのは難しいです。プレミンシリーズは妊娠前、妊娠中にそれぞれ必要な葉酸量が含まれており、また各種分析検査を実施し、トランス脂肪酸、水銀、ヒ素、鉛、残留放射能、カフェインが含まれないなど妊娠期でも安全に摂取できます。そのために妊娠前・妊娠中は安心して摂取出来るプレミンシリーズを活用することをお勧めします。