葉酸サプリの「鉄」について知っておくべきこと|ゲンナイ製薬責任編集

鉄分

妊活中に大事な成分と言えば、「葉酸」をイメージされる方も多いと思います。実際、葉酸やマルチビタミンを含むサプリメントは多く販売されています。

その葉酸と双璧をなす成分が鉄です。鉄は妊娠四ヶ月目からとても多く必要となり、厚生労働省は食事とは別に15mgを摂取するよう呼びかけています。(※妊活〜妊娠三ヶ月は5mg)
この記事では鉄に関して、詳しく、わかりやすくご説明します。

 

最も必要な時期は「中期から出産」まで

 

なによりも、「今のあなた」は鉄をどれだけ摂取すべきであるかを知ることが大事です。もし妊活を考えている時期であれば、毎日の食事に加えて葉酸サプリで2.5mg〜5mgほど付加すれば十分事足ります。

15mg、20mg、21mg…と、とても多くの鉄が含まれている葉酸サプリが存在していますが、妊活時には不要であり、摂取しすぎの量です。葉酸サプリの役目は、お食事で摂取しきれていない量をカバーするということを忘れてはいけません。

鉄が最も多く必要となるのは4ヶ月目(16wあたり)以降であり、それまでは多く摂りすぎないように注意してください。便秘の原因にもなります。近年主流となりつつある【時期別葉酸サプリ】は、妊活〜妊娠初期、中期〜出産と摂取量を切り替えることが可能となりました。

 

鉄には「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」の2種類が存在。

一口に鉄といっても実は2種類が存在します。「ヘム鉄」「非ヘム鉄」です。これらは吸収率に差があります。ヘム鉄はとても吸収率が高く、価格も高価です。ほとんどの葉酸サプリではヘム鉄は含有されておらず、一般的な非ヘム鉄が使用されていることが多いですね。

もし気になっている葉酸サプリがある場合、ぜひ原材料を確認してみてください。「ヘム鉄」という記載があるか否かで吸収率が変わります。「ピロリン酸第二鉄」という記載なら吸収率の低い一般的な非ヘム鉄です。

どちらも記載されていればブレンドされていることになり、非常にバランスがとれていると言えます。女性は貧血気味の方が多いので吸収率の高いヘム鉄を摂取することをお勧めいたします。その貧血について少し、ご案内いたします。

【よく読まれています】いま主流となっている時期別葉酸サプリとは?

フェリチンの低下は貧血につながる!

色々な葉酸サプリと比較する