主流となっている時期別葉酸サプリとは?|ゲンナイ製薬責任編集

時期ごとに栄養摂取ができる「時期別葉酸サプリ」とは?

葉酸サプリ購入の際に少しだけ考えて欲しいことがあります。それは妊活時、妊娠時、出産後に摂取すべき栄養素は同じ?異なる?ということ。

厚生労働省が推奨しているデータを紐解くと、妊活時〜妊娠3ヶ月、以降出産まで、出産後と3つの期間で摂取すべき栄養は全く異なります。葉酸を例にすると、妊活時から妊娠3ヶ月までは食事に加えて+400μgが必要とされており、以降出産までは+240μg、出産後は+100μgと推奨摂取量は減少します。

…にも関わらず、400μg含有の葉酸サプリをずっと飲むように勧める製品が多いことに違和感を感じませんか?なんと800μgもの葉酸が含有され、さらにはピンクの着色料を含有した葉酸サプリもあるのです…。食事を摂取すれば1日の摂取量1000μgを超えてしまうのにです!

葉酸サプリ市場は今や飽和状態ですが、時期別の葉酸サプリを販売している企業はほとんどありません

厚生労働省の推奨通り、正しく摂取できる【時期別葉酸サプリ】は時期に合わせて適切な栄養摂取ができるため、今や主流になりつつあります。

時期別一般的な葉酸サプリどう違うの?

時期別葉酸サプリの強みはやはり葉酸をはじめとした各栄養素を、ステージごとにきめ細やかな栄養摂取ができることに尽きます。

…しかし一般的な葉酸サプリでは、全成分共にもっとも多く摂取する時期に合わせてしまっているために、きめ細やかな摂取はできません。例えば授乳期はビタミンAが多く不足しますので、率先して摂取すべきなのですが逆に妊活〜妊娠初期は多く摂取すべきではないのでほとんどの葉酸サプリにはビタミンAは含有されて今いのです。

妊活か〜授乳期にこれ一つでOK!という製品が多いことに葉酸サプリ市場の寂しさを感じられずにはいられません。

 

時期別の根拠を厚生労働省サイトで確認する

ネット上には間違った情報、製品を売りたいがための嘘情報や作られたランキングを掲載するサイトが多々存在しています。厚生労働省がどの時期にどの栄養素をどれだけ摂取すべきかを推奨しているかご自身の目で確かめましょう。

サプリメントアドバイザーなどの資格を持っておらず、適当に書かれたランキングサイトや記事を鵜呑みにしてしまうことは非常に危険です。

比較サイトの中で最も信頼できるであろうサイトももちろん存在しています。2013年からの老舗で有資格者が執筆、とても信頼できる記事を多く書いておられる「葉酸サプリクラブ」さんはとてもわかりやすく比較&解説してくれていますので、是非ご覧になってみてください。

あまり知られてはいないものの、厚生労働省サイトでは時期ごとに摂取すべき栄養素を開示してくれていますので確認してみましょう。時期ごとに摂取すべき量が異なることは一目瞭然です。

【リンク】厚生労働省発表【日本人の食事摂取基準】

時期別葉酸サプリがある今、ずっと同じ葉酸サプリを出産後まで継続して後悔しないようにしてください。