【ゲンナイ製薬責任編集】葉酸サプリの新常識「プレナタル」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

プレナタルという言葉の意味

Heart shape on expecting mother's belly.

プレナタルとは英語でprenatalと書き、「出生前の」「胎児期の」「妊婦向けの」という意味があります。
つまり、妊娠準備している時から妊娠中、出産までの期間をさしているのです。

プレナタルに合った葉酸サプリは「時期別」がベスト。

厚生労働省は妊活から出産までを「妊活〜妊娠初期」、そして「中期から出産」までの2つのステージに区切りそれぞれ摂取する栄養素、量を設定しています。

例えば葉酸は初期までは食事とは別にサプリメントで400μgを、中期以降は240μgを摂取するよう推奨しています。逆に鉄に関しては中期以降に多く摂取するよう推奨しています。ということは…初期までと中期以降は同じサプリメントではきめ細やかな栄養摂取ができないということがわかります。

近年は着色料でピンクに染まった粒の葉酸サプリや、推奨量の倍(!)の800μgも含有されてしまった葉酸サプリが出回ったりと騒がしい葉酸サプリ市場ですが、本来は時期ごとに葉酸サプリを飲み分けるべきなのです。

 

 

プレナタル葉酸サプリが先天性疾患を防ぐ?

なぜ今、妊活ではなくプレナタルという考え方が必要なのでしょうか。もちろんゴールは妊娠ではなく元気な赤ちゃんを産むこと、だからですね。
葉酸をしっかり摂取しておくことは、、赤ちゃんの先天性疾患の予防効果がある、近年の調査で分かってきました。

二分脊椎症や無脳症などのいわゆる神経管閉鎖障害はアメリカやヨーロッパなどの欧米諸国では減少しているものの、我が国日本ではこの数年間で増加傾向であると厚生労働省は報告しています。

神経管閉鎖障害とは、胎児の脳や脊髄などの中枢神経系のもの(神経管)が作られる、妊娠4~5週頃におこる先天異常のことを言い、大きく以下の2種類に分けられます。

・二分脊椎症
本来ならば脊椎の管の中にあるべき脊髄が脊椎の外に出てしまい癒着や損傷しているために起こる様々な神経障害の状態です。

・無脳症
脳の一部、あるいは大部分が形成されず、大脳のほか、生命維持に重要な役割のある脳幹の発達も障害されることもあります。

神経管の下部に閉鎖障害が発生した場合は二分脊椎症となり、上部で閉鎖障害が発生した場合は無脳症(脳の形成がうまく出来ず、流産や死産の割合が高くなる病気)となります。

これらの神経管閉鎖障害は、妊娠3週頃に胎児の神経管がうまく形成されないために起こりますが、遺伝的要素もあるとも言われています。
しかし極端な葉酸不足も発症に関する原因の一つとされており、このような先天性疾患を防ぐためには、妊娠4週間前から妊娠12週まで、1日400μgの葉酸サプリメントを内服することで発生リスクが低くなると言われています。

このように神経管閉鎖障害を始め様々な病気や先天性の疾患を防ぎ、元気な赤ちゃんを出産するためには、そのための体作りを妊娠前から行い、妊娠中も継続していく必要があります。
このプレナタルという考え方こそが、赤ちゃんを授かる可能性を上げて、かつ元気な赤ちゃんを出産する可能性を高める考え方なのです。

プレナタルのポイント

厚生労働省では、食生活の多様化により食物摂取の個人差が大きくなることで、葉酸摂取が不足する人が増える可能性があると報告しています。
日本でも夫婦ともに仕事をしていて、忙しさから食事を満足に摂れなかったり、コンビニでの食事が増えて、栄養が偏ってしまうケース多くなってきています。これが先天性疾患の原因になっていきますので、日頃からいろいろな食品を摂取することにより、栄養バランスを保つなどの食生活を適正にすることが大切です。

胎児の健全な発育を促すと同時に、お母さんが無事に出産するために妊娠中に必要な栄養素として「葉酸」「鉄分」「カルシウム」「ビタミン」などがあります。
これらの栄養素をバランス良く、かつ継続して摂取していくことが、妊娠しやすい体を作り、かつ、胎児の健康を維持することにつながっていくのですが、1日3食をバランス良く、計画的に摂取するのは難しい場合もあります。

その場合には、食事だけでは補いきれない栄養素をプレナタルサプリメントから摂取していきましょう。

日本で販売されているプレナタルサプリメントはまだそれほど多くありません。
中でもバイエル製薬から発売されているエレビットが1番人気がありますが、
葉酸の含有量が多く、普段の食生活で補える分も考えると過剰摂取になってしまう可能性もあり、まだ日本人向けのプレナタルサプリメントは発売されてないというのが現状です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る