コラム

おすすめできる葉酸サプリの条件

SNSで友人からおすすめの葉酸サプリを教えてもらったり、ランキングサイトでおすすめされている葉酸サプリの記事を読んだり、テレビで葉酸サプリのCMが流れていたりと、妊活中・妊娠中は葉酸サプリの情報に触れる機会が劇的に増えますよね。

今の時代、「葉酸サプリ」と銘打ったサプリメントが数多く販売されていますが、同じ「葉酸サプリ」というカテゴリーの中にあっても、それぞれの製品ごとに異なる特長があります。
葉酸サプリに含まれている成分や内容量、粒の形態、販売方法など、製品の内容をよく吟味すると、その葉酸サプリを製造・販売している企業の信念や、重要視している項目が分かってきます。

この記事では、葉酸サプリを吟味する段階で判断基準の手助けとなる「おすすめできる葉酸サプリの条件」についてご説明いたします。

続きを読む

妊活における葉酸サプリの役割とは?

妊活を検討されている皆さま、もしくは妊活中の皆さま、「葉酸サプリ」を飲んでいらっしゃいますか?
飲んでいらっしゃる方は、「葉酸サプリを飲んでいる理由」や「葉酸サプリの役割」を説明できますか?

この記事では、葉酸サプリが妊活中に必要と言われている理由や、葉酸サプリが妊活中に担う役割について、詳しくご説明いたします。

続きを読む

葉酸サプリはいつまで飲むべきか

「葉酸サプリを買おうと思っているのですが、妊娠しても飲み続けた方がいいですか?」
「もうすぐ出産なんですけど、葉酸サプリっていつまで飲めばいいですか?」

プレミン®シリーズをご飲用いただいてるお客様やご購入を検討中のお客様から、このようなお問い合わせをよくいただきます。
そこで今回は「葉酸サプリをいつまで飲むべきか」についてお話しいたします。

※この記事では母乳育児をされる場合に必要な栄養成分の量などを紹介しています。ミルク育児をご検討・実践中の方も、知識としてお役立てください。

続きを読む

葉酸サプリを選ぶときに口コミで気をつけるべき点

葉酸サプリを買おうとしたとき、まず何をしますか?
SNSや比較ブログなどで検索し、サプリの評判を口コミで確認する方も多いのではないでしょうか。
今回はその「口コミ」に焦点を当て、葉酸サプリを選ぶときに気を付けるべき点をお伝えいたします。

続きを読む

30代からの妊活 出産に備えて、妊娠力を上げよう!

Man and woman smiling with their back against blue sea

晩婚化や女性の社会進出が進み、今では35歳を過ぎて初産ということは珍しくありません。しかし、妊娠の可能性を統計的にみた場合、35歳以上の妊娠力は著しく低下します
(参照「《年齢別妊娠確率まとめ》妊娠率・受精率・着床率・流産率」)。

リスクを回避するためには、30代からの妊活がカギ。妊娠力を上げるポイントをご紹介しましょう。

女性の年齢と妊娠の関係

日本産婦人科学会の定義によれば、高齢出産は35歳からの初産を指します。このような定義がされている理由として、ひとつは流産や先天性異常の発生リスクが高くなることへの啓蒙があります。

また、妊娠そのものが難しくなることも理由のひとつ。年齢とともに、老化が進む卵巣や卵子。女性の妊娠は「卵巣年齢」が大きく影響していると考えられています。

卵子の数は生まれたときから決まっている?

卵子の元になる原始卵胞は産まれたときから卵巣にあり、その後増えることはないということはご存じですか? 

個人差はありますが、その数およそ200万個といわれています。そのほとんどは成熟しないまま自然に消え、初潮を迎えるころには30~20万個にまで減少。その後は月経の有無に関係なく、1周期に1,000個ほどの原始卵胞が減り続けます。

このようなことから、30歳を過ぎたら早めの妊活をすることが重要視されるようになりました。

妊娠力を上げる生活習慣

卵巣や卵子の老化を避けるのは難しいことですが、生活習慣を見直すことでそのスピードを緩めることはできるといわれています。以下に心当たりがある人は、悪しき習慣を見直すことから始めてみましょう。

・喫煙をしない

タバコは百害あって一利なし。喫煙は妊娠に必須な女性ホルモンの分泌量を減らすだけではなく、母体となる体全体にも悪影響を及ぼします。

また、男性が喫煙することで精子にダメージを与えるともいわれています。妊娠力を上げるためには、パートナーと一緒に禁煙をしましょう。

・ストレスを溜めない

過度なストレスは女性ホルモンの分泌を妨げるといわれています。とはいえ、ストレス社会の現代において、ストレスフリーで生きることは難しいこと。上手に付き合うことを意識してみましょう。

ゆっくりお風呂につかる、好きな音楽を聴いたり、映画を見たりするのもおすすめです。アロマを使ったマッサージもリラックスをもたらすでしょう。

・体を冷やさない

冷えは万病の元といわれるように、女性にとって冷えは大敵です。体が冷えると血のめぐりが悪くなり、卵巣の機能が低下するといわれています。

冷え防止には靴下や下着など外側からの対策と、食べ物による内側からのアプローチが有効です。

妊娠力を高めるあったかレシピ

卵子の質を高めるためには、体を保温することがよいといわれています。体を冷やさない食べ物を積極的に摂ると同時に、食品添加物や残留農薬が多い野菜などはできるだけ避けましょう。

84e3027b4b1369a10ebffec41b457201_s

根菜スープで冷えを予防 ゴボウとニンジンの豆乳スープ

一般的に土のなかで育つ根菜は、体を温めるといわれています。野菜は気温が下がってくると寒さから身を守ろうとする作用が働き、うま味と甘味が増します。根菜の多くは冬に旬を迎えますが、スーパーで1年中手軽に買うことができるのも魅力。いろいろな料理にアレンジをして積極的に摂りましょう。

材料(2人分)

  • ゴボウ 1/2本
  • ニンジン 1/2本
  • ひよこ豆(水煮) 30g
  • ショウガ 1片
  • オリーブオイル 大さじ1
  • チキンスープ 2カップ
  • 豆乳 1カップ
  • バター 大さじ1
  • 塩・コショウ 少々


作り方

1.ゴボウ、ニンジン、ショウガをそれぞれみじん切りにする。

2.鍋にオリーブオイルを熱し、ショウガを炒める。香りが立ってきたら1の野菜を加え、炒め合わせる。

3.2にひよこ豆、チキンスープを入れ、野菜が柔らかくなるまで中火で煮込む。

4.1度火を止めたら豆乳を加え、沸騰直前で火を止める。

5.バターを入れ、塩・コショウで味を整えてでき上がり。

大豆には、女性ホルモンとよく似た働きを持つ大豆イソフラボンが含まれています。ショウガを加えることで保温効果がアップし、体のなかからほっこり温まることができますよ。

特に夏は、ついキンキンに冷えた飲み物を多く摂りがち。冷房による冷えの影響も考え、温かい飲み物や食べ物で冷えを予防しましょう。

妊活は、自分の体をいたわること

妊娠の可能性は単純に原始卵胞の数で決まるわけではありませんが、原始卵胞は年齢を重ねるにつれ確実に減少します。30歳を過ぎたら、やがて産まれてくる赤ちゃんのために、まずは食生活や生活習慣から見直してみませんか?